そこに山があるからのぼせ上がるブローグ

ファイナルファンタジーアギトの攻略サイトなら

Postat den 12:00 AM in ゲームアプリ

今年高校に進学したばかりの孫は、スマートフォンを買ってもらったのが嬉しいようで、よく私にもメールを送ってくれます。
先日は、彼自身が好んでやっているというスマートフォン用ゲームアプリを勧められました。
「ファイナルファンタジーアギト」というゲームアプリです。

魔法を習う学生たちがキャラクターで、魔法や戦う訓練を積んでどんどん強くなっていく話のようです。
せっかく勧められたゲームアプリですから一応ダウンロードして何度かやってみた、という程度ではありますが、最近のゲームはすごいですね。スマートフォンのゲームアプリでもこんな本格的なゲームがあるんですからねぇ。
(スマートフォンでできるゲームはせいぜい昔のインベーダーゲーム程度だと思っていました。)

しかしゲームが何やら複雑で、逐一孫に尋ねていたら、「じいちゃん、そんなん攻略サイトに載っとるで」と、攻略サイトなるものも教えられました。
「ファイナルファンタジーアギト(FFアギト)攻略.com」というサイトで、アドレスはhttp://xn--ff-ig4azbzhs074avwxa.com/です。
攻略サイトとは、そのゲームをどのように進めていったら良いのかが書いてある参考書のようなものです。
上記のサイトには初心者向け情報なども整理されているので、私が読んでも比較的わかりやすかったですよ。
「ファイナルファンタジーアギト」をされる方は、宜しければ読んでみてください。

スマートフォンのゲームアプリで若者と交流

Postat den 12:00 AM in ゲームアプリ

私は時間を有効に使おうと、住んでいる地域の自治会や福祉関係のボランティアなどを積極的に行っていますが、こういうことに関わっているメンバーが皆、私同様に年寄りばかりなのが気になっているところです。
年寄りが集まってなんやかんやと世話をやいているつもりでも、働きざかりの若い人たちからすれば、「年寄が暇を持て余して何かしているだけ」と思われているのではないかなあ……などと思うわけです。

独居老人や老老介護、核家族・共働き夫婦の子育て支援、災害への備えなど、どれをとっても年代を超えた交流が必要であることは明白なんですがね。
まあ、若い人たちは仕事も生活も忙しい、その上にコミュニティ活動まで……というのはなかなか難しいことも理解できますし、コミュニティ活動という共通項がなければ、ただの近所の人という疎遠な関係にしかなれません。

何か、若い世代の人たちと交流というか、その世代を理解するツールは無いものかと思っていたのですが、スマートフォンのゲームアプリというのは、意外と年代を超えて共有できるものかもしれないと最近思っています。(ゲームの交流会を開催しようというわけではありませんが……)
まあ、年寄が若作りしてゲームアプリをしていると取られては悲しいですが、まず同じツールや同じゲームアプリを使いこなせることが、世代間の溝を埋めるきっかけになるのではないかなあなどと思ったりするのです。

先日マクドナルドにて

Postat den 12:00 AM in ゲームアプリ

先日、小学生の孫にせがまれてマクドナルドに行った時のことです。
(この小学生の孫は、スープの冷めない距離に住んでいる娘夫婦の子どもで、今でも学童から自宅でなくまず私の家に帰ってきます。保育園時代の送り迎えも私がやっていました。いわゆる育ジイなんですよ、私は。)

「じいちゃん、このポテトのゲームやりたい!やって!」とトレイを見ながら言い出したので何かと思って見てみると、トレイに乗っている紙に、買ったポテトを使ってできるスマートフォンのゲームアプリが紹介されていました。
高校生の孫の影響でいくつかスマートフォンのゲームアプリは私のスマートフォンにダウンロードされていますが、自分でその場ですぐに何かゲームをダウンロードするなどという高等芸は、私にはなかなか難しいものがありましたが、孫にがっかりさせたくないので頑張りましたよ。

そしてなんとかダウンロードしたそのゲームは、サッカーワールドカップに合わせて、フライドポテトをゴールに見立てたゲームでした。
孫が大喜びしていたのでまあよかった。

それにしても、スマートフォンのゲームアプリというのは、こんな風に限定的な(タイムリーな)ものもあるのですね。
いやはや、びっくりしました。

ゲームアプリには年齢制限があるようですね

Postat den 12:00 AM in ゲームアプリ

スマートフォンのゲームアプリには様々な種類のゲームが非常にたくさん展開されているようですね。
一方で、スマートフォンは子どもから手にするようになって、子どもにはふさわしくないゲームアプリを子どもが使っていたり、子どもがゲームアプリにお金を勝手に使い込んでいたりという問題も心配されていますね。

ですが、最近はゲームアプリには年齢制限が設けられているらしいことを知りました。
ゲームそのものが(キャラクターデザインの問題だったりストーリーの問題だったりで)未成年にはふさわしくないものであれば映画のR-12やR-15に匹敵するようなマークが付けられていることもあるようですし、同じゲームアプリでも、登録時の年齢によって課金をできるかどうか、できるとすればいくらまでかという限度が決められているようです。
これは、子どもにスマートフォンを持たせる保護者からすると非常に嬉しいことですね。

ただ、まだまだ子どもが勝手に課金できてしまうようなゲームアプリもあるようです。
欲しいアイテムをクリックすると何段階も踏むことなく課金・購入できてしまうようなゲームアプリがあるんです。
なので、子どもにスマートフォンを持たせ、ゲームアプリを許可する際には、きちんと大人の目が届くようにしておきたいものです。

グラブルをやってみよう!

Postat den 12:00 AM in ゲームアプリ

ファイナルファンタジーシリーズのファンのみなさんにとって必ず耳にしたことがあるとある2人の名前。
皆葉英夫、植松伸夫。
いずれもファイナルファンタジーシリーズで前者はアートディレクターを手掛け、後者はほぼ全作品のサウンドディレクターを手掛けてきました。
この2人が再びタッグを組んだ作品が、新しいゲームアプリとして登場しました。

その名も、「グランブルーファンタジー」!

しかも、豪華なのはディレクターだけではありません。
声優陣も伊藤かな恵、加藤英美里、釘宮理恵、沢城みゆき、田村ゆかりなどそうそうたる面々となっており、このゲームの完成度の高さがうかがえます。

何はさておきプレイしてみたい!という方におすすめしたい、好評の攻略サイトをご紹介します。

「グランブルーファンタジー(グラブル)攻略.com」
http://xn--qckzd9bj4708dnjua.com/

RPGはやったことがないけど好きな声優さんが出演しているからやってみたい、という方でも、自他ともに認めるRPGオタクのあなたでも、きっと情報量の多さと質の高さに満足していただけると思います。
ゲーム展開を有利に進めることができたり、さまざまなデータを駆使した新しいプレイスタイルを確立できたりと、攻略サイトから得られる情報はいかようにも利用することができますよ。

ぜひ、アクセスしてみてください。

難易度低めの都市構築型ゲームアプリ。

Postat den 12:00 AM in ゲームアプリ

やりこみ要素が高いゲームジャンルといえば、シミュレーションゲーム。
その中でも、都市構築型シミュレーションゲームと呼ばれるジャンルはとても人気が高くなっています。

都市構築型と聞くと難しい印象を持ちがちですが、簡単に言えば「自分だけのオリジナル都市を作り、繁栄させていく」というものです。
これといった決まりがなく好きなように勧められる自由度の高さも人気のひとつです。

都市構築型シミュレーションの中でも特に評判なのが、”City Island”です。
一般的な都市構築型シミュレーションゲームの煩雑性がありません。
複雑なゲームですと、インフラの整備や交通網の確保、犯罪の抑止といった細部にわたる決まりごとがあります。
ですが、このゲームアプリは細かなシステムなどが一切ありません。
市民が住むための住居を建てること、商業施設を建てて市そのものの財政を潤わすこと、公共施設を建設して市民の幸福度を高めていく、以上の3つが基本ルールです。
さまざまな建物をどんどん建てていきながらサクサクと街を繁栄させていけるので、短時間でのめりこむことができます。

また、チュートリアルが大変丁寧ですので、一通りチュートリアルに沿って行動すればすぐにシステムを理解することができます。
気軽な気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

コンビニ経営ができるゲームアプリって?!

Postat den 12:00 AM in ゲームアプリ

シミュレーションゲームの中で高い人気を獲得しているジャンルといえば、経営モノ。
たとえば自分のお店を経営するものや学校経営など、多岐にわたります。

本日ご紹介したいのは、みなさんにとって馴染みの深いコンビニ経営をすることができるシミュレーションゲーム、「僕のコンビニ~つくって売ってお店をでっかく!☆~」です。

このゲームの魅力は、主に3つあります。

・直営農場で家畜や作物を育てる
・収穫したものを基にして商品開発を行う
・コンビニで得た収益を使って店舗や直営農場の拡大を行う

いずれの項目も難しいシステムではありませんので、とっつきやすくなっています。
中でも商品開発が最も面白く、また種類も豊富なので全商品の開発を目指したくなります。
食材同士の組み合わせで商品が開発されますし、またあらかじめレシピがありますので、そのレシピ通りに食材を組み合わせれば簡単に作ることができます。

実際にコンビニに商品を並べてみると、売れ行きの良い商品とそうでない商品があり、リアルなコンビニ経営が楽しめますよ。
売れ行きの良い商品を見極めて定期的な入れ替えなど、実際の店員気分で遊べます。
料金設定もアプリ側で自動で行ってくれますので、難しいことは考えずに楽しめるゲームアプリとなっています。

日本地図をゲームアプリで学ぼう!

Postat den 12:00 AM in ゲームアプリ

子ども向けのゲームアプリはさまざまありますが、子どもに勧めたくなるような学習ができるゲームアプリがあれば、楽しみながら勉強ができると思いませんか?
特に幼少期に覚えておけば大人になって必ず役立つ知識といえば、日本地図です。
日本の地理に関しては大人でもはっきりと覚えていないという人が大変多く、楽しみながら日本の地理を学ぶことができるならぜひ取り入れたいですよね。

「あそんでまなべる 日本地図クイズ」は、日本の都道府県の場所と名前、さらに各都道府県の県庁所在地をゲーム形式で答えていくアプリになります。
ゲーム自体は四者択一のタップ形式なので、文字入力の必要はありません。
さらに、正解しない限り次の問題に進まないため、確実に覚えていくことができます。

さらに、いずれの問題にも解答制限時間があるため、直感で答えることができるようになります。
場所や地形を見ただけですぐに都道府県をこたえることができるようになれば、地理の試験にも大きく有利に働くことでしょう。

お子さまと一緒に楽しめるゲームアプリとして、親子でプレイしてみてはいかがでしょうか。
お子さまは地理の予習として、親御さんは復習として、それぞれ異なる用途でプレイすることができますよ。